サプリメントに関して

健康食品と医薬品の違いは?

健康食品は日々の健康のための「食品」です。

この2つは良く混同されることがあるのですが、人間の体に対する考え方、という点ではっきと異なっています。

医薬品は、病気になってから、その病気を一刻も早く直す為に使われるものと言えるでしょう。しかし、健康食品は違います。毎日健康で過ごし、病気に罹りにくい丈夫な体作りを目指すものです。

ちなみに、厚生労働省により表示基準が改正され、ライフスタイルは保険機能食品の中の栄養機能食品と表示できるようになります。栄養機能食品とは、ビタミンなどの含有成分を一定量含む食品のことで、各栄養素の機能を説明表示できるようになります。

サプリメントを組み合わせて摂っても良いのですか?

大丈夫です。

基本的にサプリメントは食事と同じですので,組み合わせても構いません。ライフスタイルシリーズ同士でしたらお好きなように組み合わせて飲んで頂いても大丈夫です。

あなたの症状・体調に合わせて組み合わせを考えられるのも、サプリメントの大きな魅力です。ぜひ正確な知識をもとに セルフコントロールを目指して下さい。

いつ摂るのが良いの?

一日の中で、一番多く食べる食事のあとが理想的です。

一日で一番栄養価の高い食事の後が理想的です。サプリメントはあくまで栄養の補助をするものです。食事と共にとることで、その食事に含まれているビタミン・ミネラルをしっかり役立てることができます。

ビタミン類を効率よく摂る方法は?

多くの栄養素と共に摂るのがベストです。

ビタミンミネラルをバランスよく摂ることが一番効率が良いといえます。一番のお勧めはマルチビタミン・ミネラルタイプの商品です。一見すると1種類のビタミンのみ入っているものと思われがちですが、実はバランスも良く量もしっかり。お買い得なサプリメントになっています。

摂り過ぎの心配はありませんか?

問題ありません。

薬ではありません。一日の目安量を大幅に超えるような飲み方を長期間にわたって続けない限り、特に問題はおこりません。ご心配でしたら、どうぞご相談下さい。

子供が摂ってもいいの?

大丈夫です。

お子様向けにはキッズビタミンをご用意しております。ごく平均的な子供に対しては、サプリメントである程度のビタミン類とカルシウムのみ補給すれば、十分であるケースが多いです。

妊娠中、授乳中に摂ってもいいの?

大丈夫です。

妊娠中・授乳中はバランス良くビタミン・ミネラルを摂る事が重要です。妊娠中など”二人分食べなきゃ”という方も多いですが、それは栄養が2人分ということ。カロリーが2倍必要という訳ではないのです。ライフスタイルは天然の安心できるサプリメントです。ぜひご自分の食生活にあわせて活用してみてください。

錠剤やカプセルは、かみ砕いて食べたほうが消化がよいのですか?

いいえ、そんな事はありません。

噛み砕いて食べなくても消化に害はありません。

どちらかと言えば、かまずに飲み込むことをお勧めします。タイムリリース加工により、ビタミン類はゆっくり体の中で溶け、体内の濃度を高く保ち、効果を発揮するからです。

健康食品は飲み始めてどれくらいで体調が良くなりますか?

一概には申せません。

お客様の体質・体調によりますので、一概には言えません。
しかし、薬ではありませんので一朝一夕に良くなるものではありません。継続することが前提になります。最低3ヶ月程度は飲み続けてみることをお勧めしております。

天然素材ということですが、カプセルなどの素材も全て天然なのでしょうか?

凝固剤なども全て天然素材となっております。

一般的には「天然素材」と記されていても、実際には90%程度が天然であったり、表示指定のされているものに限っては天然、という事が珍しくありません。
しかし、LIFE STYLEはそれでは満足しません。口に入れて毎日とる物だからこそ本当の意味での天然素材であるべきだと考えます。ですから成分自体の原材料はもちろん、凝固剤なども全て天然素材かつ皆様になじみのある素材を使っております。

天然でこの含有量が可能なの?合成だけが高含有量が可能なのだと思っていました。

可能です。ただし、製造コストは高くなってしまいます。

他社製品や最近アメリカから輸入されるサプリメントで合成+高含有量が多いのは、リーズナブルな価格で提供するためです。
天然素材のサプリメントは製造工程が複雑で、原材料も高価なためにどうしても製造コストがかってしまいます。
当然、含有量のほかにもタイム・リリースやキレート加工も天然でも可能です。

ライフスタイルの製品はすべてキレーション加工されているのですか?

ミネラル成分の入っている製品は全てキレートされております。

キレート、キレーションとはミネラル成分の体内での吸収率を向上させるための加工技術です。LIFE STYLEのミネラル含有の全製品はアメリカの高度な技術をつかいキレート加工がなされています。

ビタミンの単位で「I.U.」って書いてあるけど、これはなに?

International Unit(国際単位)と呼ばれる国際的に決められた単位です。
他の単位との換算はビタミンによって異なります。

例えば、以下のような換算になります。

各ビタミンの単位換算表

ビタミンA 1 mcg 3.3 I.U.
ベータカロチン 1 mcg 0.5 I.U.
ビタミンD 1 mcg 40.0 I.U.
ビタミンE (天然) 1 mg 1.5 I.U.
ビタミンE (合成) 1 mg 1.0 I.U.

チュアブルってなに?

かむ事のできるタイプのサプリメントを表します。

[chew] = かむ, かみ砕く + [able] = 可能な → かむ事のできる、と言う風に辞書にも載っている通り、歯で噛んで食べる事ができるタイプをチュアブルと言います。
他のタイプのサプリメントは、残念ながら噛んで食べても硬すぎるか、もしくは美味しくないかのどちらかだと思いますが、ビタミンCやアミノ酸などの数種のサプリメントは食べたり、舐めたりしてもお菓子のように美味しくできています。
お子様や錠剤の苦手な方には最適です。

ベータカロチンは妊婦が摂らないほうが良いの?

そんな事はありません。
ビタミンAの過剰摂取の場合のみ妊婦への影響が懸念されています。

ビタミンAの場合は妊婦が過剰摂取した場合に先天性異常の心配があるとされており、ベータカロチンでは過剰摂取の心配がないため、そのような問題は起こりえません。ベータカロチンは体内で必要量のみビタミンAに換わる性質を持っており、ビタミンAを摂取したい場合はベータカロチンを必ず含む形で取る事が推奨されています。
特に授乳中の女性の方は、妊婦に比べても約1.4~2倍ほどのビタミンAが必要とされており、その時期にもベータカロチンは最適であると言えます。

残留農薬の心配は無いの?

心配はありません。
サプリメントとして栄養素を抽出される段階で、有毒な物質や農薬などはすべて除去されております。

野菜を育てる上では、どうしても農薬を使用するのは仕方がありません。しかし、私たちの工場でサプリメントに生成する段階で栄養素以外の不必要な成分、農薬、有害物質は除去されます。
また、これらが正常に除去された状態で無ければ日本への輸入は許可されません。ご安心の上、ご利用下さい。

妊娠中に摂り過ぎると問題のある栄養素と製品は?

弊社の製品を一日推奨量の範囲内で摂取される場合は特に問題はございません。

ビタミンAを除き、他の全てのビタミンは過剰摂取の問題はほぼ起こらないと言われています。弊社の製品も特に問題はありません。
特に気を付けるべきはミネラルでしょう。ミネラルは妊娠中に限らず過剰摂取に注意が必要です。お客様の体格や体調を考慮のうえ、多くても一日推奨量の2倍程度までを目安としてご利用下さい。
もし、摂取量について不安を持たれている場合、弊社宛にメールにてご質問いただければお客様に合わせたサプリメントの活用方法をご案内させていただきます。

ベータカロチンやビタミンEのカプセルを割って、肌に塗っても大丈夫?

大丈夫です。

ベータカロチンなどのソフトカプセル(Oval SoftGEL Capsule)の中身は、原材料そのままの天然素材ですので、肌に塗って頂いても問題はございません。
しかし、ベータカロチンの場合は色の付着に注意。天然の色素であるカロチノイドは、一度手に付くと、正直言ってなかなか落ちません!ですから、手に塗られる場合はビタミンEの方がお奨めです。匂いは少々きついですが、植物系の天然脂分ですから、手に優しくしっとりします。
しかし、やっぱり口から摂られた方がより一層効果的であるのは否めません。弊社製品はあくまで栄養補助食品ですので、そちらでのご利用を期待いたします。

製品に含まれるナイアシンの種類は何ですか?

ライフスタイルシリーズに含まれるナイアシンは全て安全な「ナイアシンアミド」の形で含まれております。

ナイアシンには「ナイアシン」と「ナイアシンアミド」の二種類があります。
「ナイアシン」の形で摂取すると顔面の紅潮を起こす場合がありますが、ナイアシンアミドの形で摂取する場合にはこのような症状は起こりません。

それでいて、ナイアシンアミドはナイアシンの持つ良い点を全て兼ね備え、さらにナイアシンよりも多く摂取できます。

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」(厚生労働省)によると、ナイアシンの上限摂取量は100mgであるのに対し、ナイアシンアミドの上限摂取量は300mgと上限値が三倍になっています。
( アメリカなどでは1000mgを超す量を含む製品も販売されておりますので、この上限値がそのまま全ての人に適用されるわけではありません。あくまで参考値としてご覧ください。)

カテゴリトップへ戻る

会員の方はこちら
初めての方はこちら
ご利用ガイド 会員登録
お支払方法について
  • 代金引換
  • クレジットカード決済
  • 銀行振込
送料について

ご注文内容によりまして、以下の送料がかかります。

  • お買い上げ金額が税別6,000円以上の場合、無料
  • お買い上げ金額が税別6,000円未満の場合、600円(税別)
ポイントについて

商品をご購入のたびに、今までのご利用実績に応じて、お買い上げ金額の10~15%のポイントが貯まります。